ゴジラの日

本日、11月3日はゴジラの日です。
1954年のこの日に、シリーズ第1作「ゴジラ」が公開されました。

特撮好きの私ですが、ゴジラは少し好みの範囲外にある作品でした。
というのも、物心ついた時には、すでにウルトラマンの虜になっていた私にとって、「ゴジラシリーズ」は怪獣しか出ない退屈な作品だったのです。
ヒーローは人間に友好的で、意思疎通ができますが、多くの怪獣はそうではありませんでした。(と言いつつ、漫画の吹き出し形式で、ゴジラアンギラスが会話をすると言うユーモラスな場面もある作品も…)
ゴジラも新作の製作が進むにつれ、次第に"人間の味方" "正義のヒーロー"という立場に変遷しては行きましたが、『可愛い大きな動物』止まりでした。

私は1984年生まれの90年代育ちです。
90年代の特撮界はどうなっていたかと言うと、
・戦隊ヒーロー
メタルヒーロー
この2シリーズは続いていましたが、ウルトラシリーズは81年に「ウルトラマン80」の放送終了以来、新たなTVシリーズは「ウルトラマンティガ」が製作される96年まで待たねばならず、巨大ヒーロー贔屓だった私にすれば、特撮不遇の時代でした。

そんな中、ゴジラはといえば、それらの作品よりいち早い1975年の作品を最後に、動員数不振により製作は終了していました。
が、まさに私が生まれた1984年、「ゴジラ」にて、シリーズ第1作に立ち返ったかのような"圧倒的な脅威"として復活します。
そして、5年後の「ゴジラvsビオランテ」を皮切りに平成vsシリーズと呼ばれる映画群が製作されていきます。

しかし、私にとっては相変わらず、怪獣しか出ないつまらない映画であり、劇場へ足を運ぶことはありませんでした。(そもそも、映画館は暗くて怖かったので、映画自体あまり見ていませんでした。笑)

ところが、最近(といっても、ずいぶん前になりますが)、平成ガメラシリーズの監督をつとめた金子修介氏による「ゴジラモスラキングギドラ 大怪獣総攻撃」や、庵野秀明氏が監督をつとめた「シン・ゴジラ」などエンタメ性と古き良き特撮を、見事に兼ね備えた作品が製作され、それに触発されるように、自分が育った時代に製作されたゴジラを今一度見返したくなったのです。

すると、子供の自分には退屈で仕方なかった人間ドラマの面白いこと面白いこと。
そこには特撮という枠を超えた、映画としての楽しさが詰まっているのでした。

「映画は好きだけど、特撮作品って子供向けでしょ?」と思う方々も、騙されたと思って一度ご鑑賞していただければと思います。

34歳での転職活動

この度、幸いなことに、地元で新たな就職先を見つけることが出来ました。
しかも、案外あっさり。
まあ、初出社はまだなので、案外あっさりクビになる可能性も無きにしもあらず、といったところですが。

転職のきっかけ

私が転職を考えたのは、以下の4点が理由でした。
①会社の業績が悪化している
②回復の見込みがない
③田舎に住んでいる両親が高齢になってきている
④自分自身の年齢が34歳で、転職活動においてギリギリのラインである

転職サイトの利用

まず、仕事を探すに当たって転職サイトを利用しました。
スマホ一つあれば、時間帯に関係なく簡単に使えますし、求人の豊富さ、書類や面接のHow toなどのサポート体制も手厚く、手が出しやすいからです。
ところが、使って行くうちにどうも居心地が悪くなってきました。
なぜか。
それは、対象者が、より良い待遇やり甲斐のある仕事自分を成長させてくれる環境などを求める『ポジティブな理由で転職活動をしている人』に限られているからです。
ですので、私のような理由で転職を考えている人間には、転職サイトの熱量は大きすぎました。

そして、ハローワーク

そこで、次に使ったのが、ハローワークです。
大阪にいる間に、一度だけ利用した事がありました。
前職や前々職の詳しい在職期間を調べてもらったり、端末で求人を閲覧したりしたのですが、その時に「履歴書作成に関する相談」や「面接指導」といったものがあることも知りました。
私は高卒で、就職活動の経験が殆どないため、それに関してコンプレックスのようなものを抱えていました。
あまり大きな声では言えませんが、前職の面接も結構いい加減な感じでしたし。笑
なので、ハローワークにそういった支援体制(正確には有料だそうですが)があることは、心強く感じました。
驚いたのは、希望する求人を持っていくと、職員さんがその企業に電話をして、書類選考や面接の段取りをしてくれるということです。
企業への電話って、結構プレッシャーだったりするので、ありがたかったです。

志望動機と自己PR

応募を済ませた後に待っているのは、履歴書や職務経歴書の作成です。
これに関しても、ハローワークからそれぞれの手引書ともいえる冊子が貰えます。
かなり丁寧に解説されていて、大変参考になります。
ところが、ピタッと筆が止まってしまう項目が二つありました。
それが、「志望動機」と「自己PR」です。
前職と同じ職種であれば、まだ「その経験を活かし」とか適当に書けるのですが、全くの異業種だと途端に書けなくなるんです。
何故なら、企業を選んだ主な理由が「待遇」や「安定性」だからです。
しかし、それは通じない世の中なんですよね。
なので、必死にそれっぽい事を考えなくてはいけない。
でも、それっておかしくないですか?
本心ではない志望動機を聞いたところで、それがなんの判断材料になるんだ、と。
もし、私が面接官を務めるなら、それっぽく作られたものよりも、「志望動機は待遇の良さと安定性です。給料を頂く以上は、真面目に働きます」と言ってくれる方が、圧倒的に評価できます。
今回は、幸いなことに基本方針に共感できて、望む条件の企業が見つけられたので、一応嘘偽りのない志望動機と自己PRを書けましたが、やっぱりどこか仰々しい文章を書いた自分に対して後ろめたい部分がありました。

とは言え…

自己PRを書くにあたって、過去の自分の仕事ぶりを振り返ってみることは、有意義だったと実感しています
これまでは、「誰でもできる事をしているだけ」と思っていましたが、それは自分の能力を買いかぶり過ぎだったと理解しました。
消極的理由の転職でしたが、自分に対する評価を正す良い機会になったと思っています。

くもハウス

10年住んだ大阪を離れ、実家に帰ってきました。
絶賛、転職活動中のニート予備軍です。

ところで、その実家っていうのが、一軒家なんですが、両親は住み込みで働いてるのでほぼ無人でした。
たまに、両親が風を通したり掃除をしにくる程度。
まあ、中はすぐに住めるほど綺麗なんですが、外はさすがに手が回らないので、ゆっくりと自然に侵食されてまして。

そこに私が住み始めたわけですが、田舎なんで野生の王国です。
動物で言えば、たぬき・きつね・いたち位は当たり前、少しレア度があがってキジ・いのしし・猿・うさぎ・鹿なんかがいます。

でも、それらより身近なのがなんと言っても虫。
圧倒的な種類と個体数だけに、寝てる時以外視界に必ず何かしらの虫が入るレベル。

そして、何を隠そう、私が苦手な虫Top3のうち2種類の出現頻度が異常に高い。
3種類全て発表しておくと

1.ゴキブリ
理由:なんかわかんないけど、生理的に無理。あと動きが予想できない上に速い。飛ばれたら泣く。

2.蜘蛛
理由:足が全方位にいっぱい付いてるとか、マジ無理。軍曹とか足音するし、超怖い。昔、服越しとは言え、ふくらはぎにくっつかれて以来トラウマ。

3.蜂
理由:毒怖い。羽音超怖い。山の中なので、巣が作ってあっても分かりづらい。

大阪で悩まされたゴキブリは、あまりいないんです。
で、蜂はまあ外に出なければ遭遇しない。

問題は蜘蛛。
上にも書いた軍曹は、基本家の中にいる。
でも、彼らはゴキブリなんかを食べてくれる、いわば益虫なんですが、生理的にどうしても無理で。
そして、家の周囲の至る所に蜘蛛の巣が張られて、夥しい種類が生息しているわけです。

雨戸を開け閉めしてもいる。
物干しスペースにもいる。
玄関にもいる。
物置にもいる。
ほうきで取っ払っても、翌日には元どおり芸術的な巣が構築されている。

最初は、「家を壊すなんて少し可哀想だな」なんて思ってましたが、一度張ったところにはとことん再構築するので、しまいにこちらも「オラァッ!やったろやないかい!!」となります。
まあ、なんども繰り返せば、彼らも「ここは住みにくいな」と離れていってくれるんですが、それまではガチンコ対決です。
我らもただのしゃべる猿なので、縄張りを守るために他の存在と戦うのは自然の摂理ですよね。
無益な殺生はしないと心に誓いつつ、今日も奴らと攻防を繰り広げています。

果たして、職は見つかるのか…!(全く関係ない不安の吐露)

大阪北部地震

昨日、大阪北部を震源とする大きい地震がありました。
私は、震源地である高槻市の隣の市に住んでおり、勤務先も同市内にあります。
地震が起きた時、ちょうど二階から一階に降りたところでした。
下から突き上げるような大きな衝撃があり、そのすぐ後横に揺れたように感じました。

勤務先は大きな市場であり、開場から40年経っているので、建物の老朽化も激しく、天井からパラパラと破片が落ちて来たため、危険を感じすぐに外に出ました。
幸い揺れはすぐに収まりましたが、スプリンクラーの水道管が破裂して、一部が水浸しになりました。
事務所内も書類が散乱し、ロッカーなども数cm〜10cmほど動きました。

自宅マンションでも、家具が移動し、物が散乱していました。

マンションのエレベーターホールから駐輪場に出る箇所の天井が剥がれ落ちています。

水道と電気は、地震直後から継続して問題なく使えていますが、ガスは止まっています。
お湯が出ないので、少し寒いですが、水で洗髪したり体を洗ったりしています。
ガス会社も他業者の協力をうけ、復旧に向けて作業をしていますが、今しばらく時間がかかりそうです。
6/29には部屋を引き払い、実家に帰る予定になっているのですが、それまでに復旧するかどうかといったところです。
こういう事になって改めて、いかに日々の生活がたくさんの人達の働きや支えによって維持されているかと実感します。
ありがたいです。

SNSなどでは、東日本大震災熊本地震と比較して、明日に本震が来るのではないかなどという憶測が飛び交っているようです。
確かに最悪の事態を想定して、備えることは大事ですが、具体的なアドバイスなしに憶測を拡散することは、むやみに不安や恐怖を煽る可能性もあるという事を胸に留めておいてほしいです。

瑠璃光院に行ってきました

京都市左京区にある瑠璃光院に行ってきました。
磨き上げられた黒い机の天板に反射する青もみじがとても美しいです。

iphone 6sで撮影した写真でも、これです。


平日の午前中に行ったので、待たずに入ることができましたが、それでもまあまあ人がいました。
紅葉が美しい季節になると、なんと4時間待ちになる事もあるのだとかで、人混みや行列が苦手な私としてはその季節に行くことはないだろうなと…。
この日はなかなか暑かったのですが、建物の中は時折吹き抜ける風が涼しく、非常に快適でした。

多くの方が、その美しい風景を撮影しに来ているようで、机の周りには常に人が群がっていました。
インスタ蠅とかいうやつですかね。
私は数枚撮って満足したのですが、高価そうなカメラをお持ちの方は、ひたすら撮り続けてました。

海外の観光客の方もいらっしゃいましたが、その方々の方が、しっかり落ち着いてその場の雰囲気を味わったり、目に焼き付けているように思えました。

きっと古い時代の建築は、窓や部屋から見える風景をどう切り取るかを計算して作られているのだろうと思います。
今のように娯楽が氾濫していないからこそ、身近にあるものの素晴らしさや美しさに敏感だったのでしょう。

もう間も無く退職して田舎に帰るので、自然に触れる機会も増えます。
昼夜関係なく味わえる静けさを想って、今から楽しみです。

リズと青い鳥

リズと青い鳥」を観てきました。

<ネタバレありです>




靴音などのSEがかなり強く主張してきてました。
BGMもちょっと変わった感じで、インパクトありました。
ただ、映画全編をと通しては静かめで、深く惹きこまれる作品でした。
作画や演出も、相変わらず恐ろしいほどの高クオリティで何度も見返せる映画です。

二人は本当に親友?

「想いあっているのに、すれ違う二人。けれど、最後はお互いがお互いに無意識にはめていた枷を取っ払い、本当に対等な関係へと…」的な文脈で語られるのでしょうが、どうも個人的にしっくり来なかったので、思った事を。


物語の冒頭の二人の関係は、親友というよりは保護者と被保護者に思えます。

みぞれはのぞみに依存してます。
のぞみは無自覚にでしょうが、それを受けて先導する立場です。
誰でも、あれだけべったりされたら庇護欲を刺激されると思います。
(ついでに言うと、世間では「百合」という言葉も多く聞こえてきますが、個人的には疑問です。)

そして、最終的にその関係は解消あるいは改善されたとは言え、二人のバランスは取れてないままだと思うんですよね。

最初の演奏でのピッチのズレという形で表された二人のズレですが、少なくとも映画内では息が合った演奏が出来るようになったという描写はないですし。(これからそうなれるように…と言う筋ですね)

ぶっちゃけて言ってしまえば、最初から最後まで、想いの強さは「みぞれ>のぞみ」だと思います。

捻くれたというか意地悪な受け取り方でしょうが、
のぞみにとって、みぞれは多数いる仲の良い友達のうちの一人で
みぞれにとって、のぞみは友人が少し出来たとは言え、突出した一人
のままに思えます。

のぞみに関してもっと言えば、庇護欲で隠されていた嫉妬心をむき出しにした訳で、それを本当に完全に受け入れられたのかな、と。
「支えるから」と前向きな発言をしてはいましたが、簡単に捨てきれる感情ではないのでは?
友情があるからこそ、切り離せないというか。

山場であるみぞれの感情が爆発するシーンでも、それを聞きながらのぞみは複雑な気持ちだったんだろうと思います。

みぞれはのぞみを「全て」と言いますが、それはあくまで「みぞれが知っていると思っているのぞみの全て」で、のぞみからすれば蔑ろにされているとも感じられるかも知れません。

それまですれ違いで出来なかったハグを、のぞみはこのシーンでは葛藤の末、返します。
その葛藤も、ここでみぞれを受け入れたらまたしても枷を嵌め合う関係になってしまうのではないかという葛藤ではなく、上に書いたように未だに自分を偏った見方しかしてくれないみぞれに対する微かな苛立ちと嫉妬心を押さえ込む葛藤に見えました。

とんでもなく的外れな、それこそ偏った見方かもしれませんが、とりあえず一度観てみて感じた事を書いてみました。

別れは突然にくるものです

2週間ほど前、69歳のパート社員が業務中にクモ膜下出血で倒れ、救急搬送されました。
グレード4と非常に重篤な状態で、2週間は予断を許さないということで、集中治療室にて経過観察となりました。

そして今日、ご家族から連絡があり、まだ一般病棟には移れないが、明日から体を起こすなどのリハビリを開始するという事でした。

これから大変なこともたくさんあるでしょうが、とにかく命が助かった事は不幸中の幸いでした。
この2週間、社員も普段通りに過ごしてはいましたが、心のうちでは皆心配していたので、とりあえずひと安心しました。

この方は、勤続年数が30年とずば抜けて長く、「長老」と呼ばれる事もありました。笑
とても温厚な方で、全員から親しまれていました。
若い頃は百科事典の販売をされていたそうで、歴史などの知識もかなり深く(ただ、本人は「正しいかどうかは保証しない」と言ってましたが)、空いた時間にはたくさん面白い話を聞かせてくれました。

そして、最近では毎週土曜日、定時までの空き時間に、その方を中心に若いパートや私も一緒になって、新聞に載っているクロスワードを解くことが習慣となっていました。

皆がそれぞれ頭をひねって、ワイワイ言いながら挑戦するのは、とても楽しかったです。
しかし、この方が居なくなってしまった今では、もうクロスワードをしようと言う者は居なくなりました。

私は8月に退職する事になっています。
それまでの間は、皆で変わらず楽しくやりながら(もちろん、仕事はしてます)過ごせると思っていたのですが、こんな形で突然に会えなくなってしまうとは、想像もしていませんでした。

最後にお世話になったお礼を言って、笑顔でお別れできると信じていたのですが、現実は突然変化してしまうものなのですね。
とても寂しいですが、ただ順調な回復をお祈りするだけです。