別れは突然にくるものです

2週間ほど前、69歳のパート社員が業務中にクモ膜下出血で倒れ、救急搬送されました。
グレード4と非常に重篤な状態で、2週間は予断を許さないということで、集中治療室にて経過観察となりました。

そして今日、ご家族から連絡があり、まだ一般病棟には移れないが、明日から体を起こすなどのリハビリを開始するという事でした。

これから大変なこともたくさんあるでしょうが、とにかく命が助かった事は不幸中の幸いでした。
この2週間、社員も普段通りに過ごしてはいましたが、心のうちでは皆心配していたので、とりあえずひと安心しました。

この方は、勤続年数が30年とずば抜けて長く、「長老」と呼ばれる事もありました。笑
とても温厚な方で、全員から親しまれていました。
若い頃は百科事典の販売をされていたそうで、歴史などの知識もかなり深く(ただ、本人は「正しいかどうかは保証しない」と言ってましたが)、空いた時間にはたくさん面白い話を聞かせてくれました。

そして、最近では毎週土曜日、定時までの空き時間に、その方を中心に若いパートや私も一緒になって、新聞に載っているクロスワードを解くことが習慣となっていました。

皆がそれぞれ頭をひねって、ワイワイ言いながら挑戦するのは、とても楽しかったです。
しかし、この方が居なくなってしまった今では、もうクロスワードをしようと言う者は居なくなりました。

私は8月に退職する事になっています。
それまでの間は、皆で変わらず楽しくやりながら(もちろん、仕事はしてます)過ごせると思っていたのですが、こんな形で突然に会えなくなってしまうとは、想像もしていませんでした。

最後にお世話になったお礼を言って、笑顔でお別れできると信じていたのですが、現実は突然変化してしまうものなのですね。
とても寂しいですが、ただ順調な回復をお祈りするだけです。

世の中が考え過ぎていく

先日、34歳になりました。
たまたま日曜日でしたので、普段の休みと変わらず、YouTubeで落語を見ながら、一日を終えました。

落語って馴染みなかったんですが、面白いんですねぇ。
取っ付きにくいものだと決めつけてましたが、勿体無いことをしてました。
たまたまテレビで、故・三代目桂春團治さんの「代書」を見て興味を持ちました。
落語の話も、後日したいなと思っています。

それはさておき、YouTubeを使っていると動画の前にCMが入る事がありますよね。
普段は可能であればスキップするのですが、そうしなかったCMについてお話ししたいと思います。

そのCMがコチラ。
三井不動産 BE THE CHANGE TVCM 「スーパーなひと」篇

出演されているのは、生まれつき両腕がなく、その代わり両足で演奏するギタリスト、ジョナタ・バストスさんです。

ギターを始めて約5年、未だに簡単な曲をも弾ききることの出来ない私からすると、驚愕の技です。
「人間というのは練習すれば、ここまで体を操ることができるのか!」と感動し、これならば自分も将来、人並みにギターを弾けるようになるのではないかと励まされました。

ところが、このCMはそんな「ポジティブな気持ちの中にも、小さな偏見は生まれているかもしれない」と言うんですね。
少し前に、話題になった感動ポルノと言われるものかもしれません。

もちろん、ご本人からすれば、一番重要なのは音楽であり、手で弾いているか足で弾いているかは関係ないのでしょう。
それは充分に理解できます。
そして、我々も同じように感じて欲しいと言うことなのでしょう。

しかし、それは可能でしょうか?
そして、それは必要でしょうか?

私は、可能だとも必要だとも思いません。
みんなそれぞれ違います。当たり前のことです。
顔が違う。
声が違う。
性格が違う。
性別が違う。
腕がない。
それらの違いを、相手を貶める理由にすることは許されません。
でも、そうでないなら、違いはあくまで違いであり、それ以上でもそれ以下でもなく、ありのまま受け止めればいいし、意志の力で捻じ曲げる必要のあるものではないと思います。
その上で、自分がその他者に対して、思いやりのある行動を取れるかどうかが肝心なのではないでしょうか。
(それも思いっきり綺麗事ですけどね)

ここ最近、同じように平等を叫ぶ声をネットで目にします。
しかし、それらを見るたびに違和感を感じるのです。
平等に。平等に。
みんなが同じように。同じように。
足並みを揃えるのか。
出る杭を打ち込んでいるのか。
上からも下からも、平等を強いられ、まるで巨大なローラーで挟まれて平らにされるようです。

今まで当然だと思っていたことが、ひょっとしたら誤りだったのではないか?という思考が、社会に蔓延していく様子は、普段から考え過ぎな私からすれば、嬉しいような悲しいような恥ずかしいような複雑な気持ちです。

にしても、このCM「スーパーなひと」篇というタイトルが付いてますが、つまりそれって…

猫の日なのに、犬の写真を貼る

2/22はにゃんにゃんにゃんで猫の日です。
猫も好きなんですが、猫には好かれません。
冗談抜きで、一度も触ったことがありません。
猫カフェに行っても、一度もさわれませんでした。
と言うわけで、猫写真はないので、我が家の犬写真を貼ります。

まずは、ぷりんちゃん。

晩年の写真なのでおばあちゃん感があります。
飼い主の無知で、病気をさせてしまいましたが、長生きしてくれました。
永遠の娘であり妹です。愛してます。

ゴローくん

体は大きくて力持ちだけど、すごく甘えん坊で、けれど言うことをよく聞き、弟たちのしつけも頑張る良い子です。

あらしくん

歩く姿が馬のように美しい。
でも、自分が一番じゃないと気が済まない少しわんぱくさが残る男の子です。

むさしくん

未だに一番落ち着きのない困った男の子。
でも、遠吠えをさせたら誰にも負けません。

ひがしくん

弟3匹の中では、一番大人しく少しビビりな男の子。
気を許すまでは時間がかかりますが、一度懐くとべったりです。

この子たちの前にも、それはそれは賢くて可愛い子たちがいましたが、今のスマホには写真がないので、泣く泣く割愛します…

バレンタインの結果発表!

今年はチョコレートを幾つもらうことが出来たのか!!
結果発表です!

卍(^o^卍)卍ドゥルルルルル (ドラムロール)




バンッ!!

0個!


えー…敗因はですね…
職場から女性がいなくなったことですね…

50歳の経理の方が、お情け御涙頂戴チョコ(チロルチョコより少し小ぶりのものがふた粒)を、毎年置いてくれてたんですがね…
なにせ、ほら…
横領でクビになっちゃいましたからね…

まあ、そんなお金で買われた(5円程度のものかもしれませんが)横領チョコなんて、要りませんしね…

恵方巻きとともに、バレンタインチョコも廃止しましょうよ…

24歳の従姉妹の結婚観

24歳の従姉妹がいるのですが、母親の影響で少し口が悪いのです。

身内のひいき目かもしれませんが、顔立ちは可愛らしいのに、びっくりするような毒を吐くことがあります。

特に、父親の悪口が多いようで。
というのも、両親の不仲がかれこれ10年ほども続いておりまして、母親から父親の悪口を聞かされて育ってきたんです。
夫婦間のことはわからないので、私も含め親族は口は挟んでいないのですが、やっぱりよくないですよね…。

一昨年にその従姉妹の兄(26)が結婚し、今週末には別の従姉妹(30)の結婚式があります。
それで、母娘で結婚に関する話になったそうなんですが、その従姉妹は「おっかあを見てると、結婚する気にならへん」と言ったらしいです。
たしかに、両親の不仲を見て育ってきたらそういうものかもしれませんね。
そう言われてしまい、当のおっかあも何とも言えなかったと。
そりゃそうですよね。

それを聞いて、私はこう思いました。

24歳の女の子が「おっかあ」て!!

おしんか!!

偽善でも恩は返せ

台湾で大きい地震が発生し、死傷者が出ています。
行方不明の方も、まだ多数いて、懸命な救助活動が行われています。
一人でも多くの方の無事を祈りたいと思います。

台湾は、東日本大地震のとき、多額の支援してくれました。
もちろん、アメリカや中国、韓国など他にもたくさんの国が、支援をしてくれました。

そして、今回の震災を受けて、インターネット上では、台湾への支援を送りたいという声が高まっています。

先程、私もYahoo!基金を通じて少額ではありますが、支援をしました。
この様に自分の善行を吹聴するのは好きではないのですが、これを目にした誰かのきっかけになれば。

私は西日本在住の為、東日本大地震による直接的な被害はありませんでしたが、それでも海外の方々の支援と励ましの声は、とても嬉しいものでした。
キナ臭い事ばかりの昨今だからこそ、他者のためにも自分たちのためにも、行動を起こしたいのです。

物事の表面しか見えてない事って、たくさんある

一人遊びって割と得意です。

そんな一人遊びのうちの一つが、映画。
The・娯楽だし、好きな人多いと思います。

私の場合は、劇場に足を運ぶのは年に数回で、主にレンタルしてきて、家で見る事が多いです。

それで、最近見た作品がコチラ。

哭声/コクソン [DVD]

哭声/コクソン [DVD]

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、 村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。 事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで 村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――(公式HPより)

そして、コチラ。

プリズナーズ [DVD]

プリズナーズ [DVD]

家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪(しっそう)する。手掛かりは微々たるもので、警察(ジェイク・ギレンホール)らの捜査は難航。父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された容疑者(ポール・ダノ)の証言に犯人であると確信し、自らがわが子を救出するためにある策を考えつくが……。

今気づきましたが、偶然にも両方とも娘を助けようと奔走する父親の話ですね。

「哭声」は韓国映画ですが、何と日本の俳優・國村隼さんが重要な役で、出演しています。
「國村」が「コクソン」と読めそうなのは意図的なのか、偶然なのか分かりませんが、結構ハードな役どころです。
一応、サスペンススリラーと紹介されていますが、ぶっちゃけるとホラーだと思います。そして、かなりグロいです。
怖いの苦手なんで、ビビりながら見てました。笑
でも、この映画を見て、サスペンスだと感じるか、ホラーだと感じるか(またはその他かもしれません)、人によって別れるところが、まさに肝です。

次に、「プリズナーズ」。
こちらはホラーだったりはしません。
行方不明になった娘を取り戻すために、半狂乱になる父親の話です。
暴力描写が苦手な人は、ちょっと目を背けたくなるところはあるかもしれません。

それで、何故この二作を取り上げたかというと、両方とも知識がないと、表面だけを見て終わってしまう作品だからです。

ぶっちゃけ、解説や考察を見てなかったら、私自身も、よく分からないホラー映画といい感じのサスペンス映画だな、くらいの感想しか持ちませんでした。

両者に共通するキーワードは、"宗教"です。
キリスト教ですね。
両方とも、聖書からの引用で始まっているので、大ヒントを与えられているのでしょうが、日本人の大半には縁遠いですからねぇ。

そして、そのキリスト教に関する知識を持って見ると、制作側の真意が見えてきます。
特に、「哭声」はストーリー的にも、その要素があって、登場人物たちの物事の捉え方で、命運が決まってしまいます。

結局、人は多くの場合、自分が見たいものしか見えない、あるいは見たいように見るものです。

こんな風に、映画に限らず、真意や真実を見落としている事が、たくさんあるのだろうと思わされた出来事でした。